小型水槽とビオトープの話
by surlamer-aqua
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
水槽紹介
ビオトープ
メダカ
エビ
ちびコリ
その他生体
水草
器具
お買い物
未分類
以前の記事
2013年 03月
2012年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
メダカと過ごす一日
ガミガミおかぁの独り言
海の底と陸の上のみずたまり
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コリ 授業中

ホームセンターで買い物したついでに、アクアコーナーをのぞいてみました。
こんな水槽がありました。
b0183100_2354505.jpg

みんなで並んでます。
カワエエ~~~~。
息子は「がっこうみたいやなぁ♪」と言っておりました。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-29 00:00 | その他生体

鳴いた!

たった今、ピグミーグラミーの鳴き声を聞けました。
初めてです。
感動…。
玄関からリビングに引越しさせて、よかったわ~。

「ギギギギッ」と「コリコリッ」が混ざったような、そんな鳴き声でした。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-20 01:08 | その他生体

侘び草って、すごいのね

先日、玄関水槽に設置した「侘び草・かれん」。
順調に水中化が進んでいるようです。
Co2添加ナシ・照明5wというショボ環境にもかかわらず
ちゃんと順応して育っています。すげー!
ま、その環境で大丈夫そうなのをわざわざ選んで買ったんですが。
b0183100_0493086.jpg

底面フィルターのパイプには、継ぎ目にゴムが挟み込んであります。
このフィルター、パイプの接続が甘くてすぐ動いちゃうんで
ゴムを挟んで留めているんです。
いずれ、かれんが伸びてきたら、上手くゴムを隠してくれるでしょう。
それにしても侘び草っていいですね。簡単で。
私のようなものぐさ人間にはピッタリです。
b0183100_0524089.jpg

b0183100_0531522.jpg

ミクロソリウム・ウェンディロフを巻き巻きした流木は
あまりにみずぼらしいので結局は撤去してしまい、
代わりに南米産ウィローモス付き流木を入れてみました。
これも、伸びてくるのが楽しみです。

水草の話はさておき、玄関のRG-20には今、誰が住んでいるのかといいますと。

グッピーです。
わ~やっちゃった~。
とうとうグッピーに手ぇ出しちゃったよ。
プラチナスピアテールのペアです。
それと、ヤマトが2匹。
RG-20では、これが限界ですね。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-20 00:57 | 水槽紹介

シーズンに向けて

日曜日の陽射しと気温は、春到来!な感じでしたね。
そうなると考えざるをえないことがあります。

今年のビオは、どうすんの??

どうしましょう。
ベランダの睡蓮鉢&プランターは、現在ボロボロ状態です。
特に、セットからもうすぐ3年が経過する睡蓮鉢の状態が酷いです。
ふちにはカルシウムの塊のようなものが付着しまくってますし、
ビオソイルはただの泥と化してますし、
トロロ状の藻がワンサカとはびこっています。

睡蓮鉢もプランターも、住人のメダカちゃんたちが元気なので、
下手にリセットするのもどうなのか?という気がします。
どうすべきなのか。
うーーーん、わかりませ~~~~ん。

ただひとつ、わかっていること。
それは、
「私は水生植物の管理がヘタっぴ」ということ。
導入したそのシーズンのみキレイに維持できますが、
それだけなんですよね。
水生植物は丈夫なので、株分けやトリミングなどに心を砕けば
何年も良い状態に保つことが可能だと思うんです。
でも私にはそれができません。
今後できるようになる自信もありません。第一ヒマがありません。

そこで。
とにかく今シーズンは、睡蓮鉢もプランターもリセットしちゃおうと思います。
そして、できるだけ管理が楽な状態に仕上げようかと。
具体的に言えば、根の張る植物を使わないとか、
メダカたちの住居を簡素にして、
見て楽しむ植物は専用の小さいプランターで管理するとか。

うん、それがいい。
ベランダビオをやめてしまうことは、絶対したくないんです。
ビオはとても楽しいから。

リセット時期は、GWあたりですかね。
リセットにあたり、難問がひとつあります。
睡蓮鉢にいるミナミヌマエビの回収をどうするか、です。
現在、サイズの大きい固体は見当たりませんが
何匹いるのか、全然わかりません。
間違ってソイルと一緒に捨てちゃいそうで怖いです。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-15 00:56 | ビオトープ

まともなメンテナンスツール~!

パセオ松原店さんに行ってきました。
2階が閉鎖されていたりで、売り場がちょっと寂しくなってましたが…
広い店内ですので、じっくり時間かけて見てまわって、大満足でした。

購入したのは
b0183100_1155060.jpg

ようやくちゃんとしたメンテツールを手にしました。
これまでずっと、
安モンのプラスチックピンセット&普通の園芸バサミでよく我慢してたな~私。
愛用のコケ取りクロスもついでに買っときました。

あともうひとつ、憧れの「侘び草」を購入♪
「有茎草Mix」が欲しかったのですが、土台のサイズの関係で「かれん」にしました。
帰宅してすぐ玄関のRG-20にドボンと投入。
次の休日に、配置など少し手を加えたいと思っています。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-14 01:19 | 器具

RG-20のリセットと、新顔ちゃん

コケコケのドロドロになっているのを見て見ぬフリしていた玄関水槽RG-20を
今日やっとリセットしました。
リセット前のイメージは
b0183100_23262975.jpg

この日のために購入しておいた、小ぶりな流木。
これにミクロソリウムをぶわ~とくっつけて、ステキなステキな水景に。



できたものは
b0183100_23285566.jpg

どど~~~ん。

しょぼっ!!

ウエンディロフを水槽に使うのは初めてだったのですが
セミナローとかのつもりで巻き巻きしようとしたら、とんでもない目に遭いました。
このウエンディロフ、購入してからずっとプラケや海苔の瓶に入れていたため
少々傷んでおり、そのせいで根っこがグズグズになっていまして。
思い通りの位置や角度にくっつけることが、ぜ~んぜんできませんでした。
ボリュームも半分くらいに減っちゃって…。しょぼん。

濾過は底面にしました。
底面フィルターはずいぶん前に購入して2種類持っていたのですが
使用するのは今回初めてです。
そしてエアポンプも、初めて「水心」を導入してみました。
初めてだらけですね。
水心、すんごく期待していたのですが、驚くほど静かってわけでもないですね。

コケコケドロドロ水槽でも健気に生きていたピグミーグラミーとレッチェリは
それぞれ別の水槽にお引越しさせました。
なので、このRG-20は今誰も住んでいません。
何を入れましょうか。

それと、リビング水槽にテトラオーロ入れちゃいました~~~♪
ずっと欲しかったんです。
ハスたちの動きがグンと活発になりました。
その様子は、また次の機会に。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-09 23:43 | 水槽紹介

外掛けフィルターの魅力

最近下降気味のアクア熱を高揚させるため、
久しぶりにアクアテイラーズさんに行ってみました。
いや~いいですね~やっぱり。
入り口入ってすぐのところの、森っぽい半テラみたいな水槽がキレイでした。

一緒に行った息子が、今回なぜか盛り上がって
自主的に楽しんで水槽を見てまわっていたのは、想定外でした。
これは洗脳チャンスか??

エサだけ買って帰宅してリビング水槽を見ると、
ブラックファントムが1匹、ふらふら漂って虫の息!!
一体何が起こったのかと水槽内を観察してみると、
近頃目詰まりが激しかったスポンジフィルターが完全に停止しておりました。
水質悪化というよりは酸欠で参っていたようです。
応急処置にと余ってる外掛けフィルターAT-30を設置して稼動させ、
スポンジフィルター(ダブルブリラントです)はとりあえず撤去。
するとすぐに、ブラックファントムは元気に泳ぎ出しました。ホッ…。
スポンジフィルターがなくなった分、水槽内が広くなりましたので
ボッサボサになっていた水草をメンテしようという気にもなってきました。
いいじゃん、外掛け。

交換用の新しいスポンジも買ってあるのですが、
この水槽はもうそのまま外掛けでまわすことにしました。
だって外掛けって、メンテが楽なんだもの…。
スポンジフィルターの場合、本格的にメンテしようと思えば
水槽に手を突っ込んで大掛かりにいじらないといけないので
つい面倒になってしまい、メンテそのものを怠りがちです。
スポンジは本当によく目詰まりを起こしますし、
本来の性能を保ち続けられる寿命も意外に短いです。
エアリフト式だとエアポンプにも寿命はありますから、
メンテや交換の手間とお金はエアポンプの分までかかってしまいます。
その点、外掛けフィルターだとパック濾材を入れ替えるだけで済み、手も濡れません。
「パック濾材は2週間で入れ替えろ」とメーカーは言ってますが
実際のところ、2ヶ月以上そのまま使っていても何の問題もありません。
うちは玄関水槽にも外掛けAT-30を使用しており、
濾材の入れ替えはおろか水換えさえ怠りがちですが、生体も水草も元気です。
面倒くさがりさんにはピッタリ。

予備のバイオバッグ、また買っとこ。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-07 00:05 | 器具