小型水槽とビオトープの話
by surlamer-aqua
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
水槽紹介
ビオトープ
メダカ
エビ
ちびコリ
その他生体
水草
器具
お買い物
未分類
以前の記事
2013年 03月
2012年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
メダカと過ごす一日
ガミガミおかぁの独り言
海の底と陸の上のみずたまり
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オトシン君の活躍

設置してしばらくコケることなく順調だった玄関水槽が
コケに見舞われるようになって2週間ほど経ちます。
そこでRG-30の方にオトシンクルス(ヴィッタトゥス)を導入したわけですが、
水槽に放ってわずか2~3時間で
アヌビアス・バルテリーの真っ茶色になった葉が緑色に戻りました。
ヒーターの茶ゴケもキレイさっぱり無くなり、
ガラス面からも目立つ茶ゴケが消えました。

まさか、こんなに優秀だったとは!!

正直、動転しています。
コケコケの水槽だから、しばらくは「エサが持つ」と思っていたのです。
たった数時間で餌不足に陥るとは思ってもみませんでした。
オトシンは想像していたよりもずっと大食漢でした。
(ウ○チもブリブリ出していました…)

このRG-30には青コリがいますのでコリタブを日常的に入れていますが
本日オトシンたちを導入したのは正午過ぎで、
朝入れたコリタブはもう皆が食べてしまって無くなっており、
オトシンたちがコリタブを食べるのかどうかはまだわかりません。
オトシンのエサには昆布が良いとの情報をネットで仕入れましたので
明日の晩にでも、試しに昆布を入れてみようかと思っています。

オトシンクルス、意外と大きかったですが意外と可愛いです。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-12-16 23:54 | その他生体

写真ないですが

なんだかんだで、月に一度はチャームさんで買い物しています。
今日も荷物が届きました。

 スクリューバリスネリア 5株
 レッドチェリーシュリンプ 6匹
 オトシンクルス 3匹

あとはスポンジフィルターの替スポンジなど消耗品などを購入して
5000円チョイでした。

水草と生体は玄関水槽用です。
これらの水槽への導入とメンテナンスで疲れてしまい、写真撮り損ねました。
また今度、写真載せます。

師走だからってわけではないのですが、毎日忙しく、グッタリです。
仕事辞めたいよぅ…。
せめて週3くらいにならないかなぁ。
気合入れて設置し、キレイに維持しようと心に決めていた玄関水槽ですら、
近頃メンテを怠り気味です。
コケだらけになってきてますし。
オトシン君たち、頑張って~~~。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-12-16 15:28 | お買い物

行きたいが行けない

今日の朝刊にて、私の目を釘付けにした求人広告。

「某アクアグッズ会社でのパート事務」

コケ取りスクレイパーで有名な、F社さんです。
大阪の会社だったのね。
これ、応募したーーーーーい!!

でも無理です。
同じ大阪市内とは言っても、自宅から遠いよ…。
せめて息子が今、小学校の高学年だったらなぁ。

無念!
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-12-13 22:24

AT-30ちょっとしたトラブル

その後の玄関水槽は調子がいいです。
みんな元気。

先日、お天気が良かったので
お役御免となったRG-20と、その他の器具類を
キレイに洗って干す作業をしました。
RG-30に移しきれなかった田砂がRG-20にまだ残っており、
それらをキレイにすくってRG-30に足したのですが…

ほんのちょっと狙いが逸れて、AT-30のストレーナー部分に
数粒の田砂がかかったら、
あっという間にAT-30に吸い込まれてモーターが止まってしまいました!
こんなヤワなフィルターってアリ~??
ストレーナースポンジはつけてありますが、目が粗いので
本当に一瞬の間にカラカラと音を立てて吸い込まれていき、焦る間もなかったです。
分解して、噛んだ砂を振り落としたら、すぐ復活して事なきを得ました。

田砂は比重が大きいので、通常の使用では魚が舞い上げたりすることはないですが
メンテナンス時など、今後は注意しようと思います。
(たいした作業ではないと思ってフィルターの電源を落とさなかった私が悪かった)
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-12-01 23:31 | 器具