小型水槽とビオトープの話
by surlamer-aqua
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
水槽紹介
ビオトープ
メダカ
エビ
ちびコリ
その他生体
水草
器具
お買い物
未分類
以前の記事
2013年 03月
2012年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
メダカと過ごす一日
ガミガミおかぁの独り言
海の底と陸の上のみずたまり
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

飛びます

スポンジの上で華麗なポーズィングを披露している、ハステータス。
b0183100_23562842.jpg

コリドラスは調子がよいとこの姿勢になる、というのを聞いたことがありますが
果たして本当に調子いいんでしょうか?
ずっとやってて、しんどくない?
何を思ってわざわざこのポーズ?

珍しく、ハニーちゃんと白黒ビーとハステータスが
同じフレームにおさまった写真が撮れました。
b0183100_00954.jpg

みんなでスポンジを気にしてる模様。
相変わらず下手な撮影です。トホホ。
写真奥には、まだポーズィングを続けているハスの姿も。

そろそろヒレがシビれてきているに違いない。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-22 00:03 | ちびコリ

ナガバオモダカ

夕暮れのベランダビオ。
今日はナガバオモダカを撮ってみました。
b0183100_19253228.jpg

これは杜若園芸さんから
『メダカが喜ぶ水草』という商品名で販売されているもの。
ホームセンターのチラシに出ているのを見つけて、
これを買うためだけに出かけて行って入手したものです。
丈夫なポットに植えてあるので、
そのままポンとプランターに置くだけ。手軽です。
毎日おひさまを浴びて、元気に育っています。

で、これ、増えてるんです。
b0183100_19295886.jpg

植えてすぐ、元々の株の奥に子株ができて
もうけっこうな大きさに育っているんですが、
最近ポットの隅にもふたつ子株が出ました。
虫が付くこともありませんし、
ごくたまに傷んだ葉を根元からカットしてあげるだけで
キレイな状態を保つことが出来ます。
ビオ植物の中では管理がラクな方に入ると思います。
越冬時は地上葉を枯らすらしいので、それもまた楽しみ。
春にまた葉を出すのかどうか、ドキドキしそうですね~。
ま、夏にこんなこと考えても現実味ないですが。

最後に、ウォーターバコパ。
室内水槽で元気をなくしていたところを救出して、屋外に植えました。
b0183100_19422029.jpg

この2本は水中葉を枯らすことなく、
水面から伸ばす分だけを水上葉にして、この環境に適応しました。
なので、見た目にも自然で、キレイです。
同じプランターに、あと2本ウォーターバコパを植えてあるんですが、
それは上記の2本をカットした下の部分。
すでに水中で成長が止まった部分を
いきなり屋外に植えて「育ちなさい!」とけしかけたわけなので、
一度水中葉のほとんどを枯らせてから、水上葉を出し始めました。
枯れて半ば腐りかけた水中葉を残したままで、
水上に適応した脇芽を出しています。
写真撮るの忘れちゃったので説明がしづらいんですが、
水草って面白ーーーい!!
と思わずにはいられない光景となっています。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-20 19:52 | ビオトープ

ヤマト失踪

先日1匹☆になって、残り1匹となった我が家のヤマトヌマエビ。

その残った1匹の姿を一昨日くらいからみかけなくなりました。
フィルターの陰や水草の裏などに隠れていることも多いので
あんまり気にしていなかったんですが、
本日決定的なものを見てしまいました。

干しエビになってました!!(号泣)

今朝、息子を保育所に送っていって帰宅した際、
少々デカめのホコリの塊が玄関に落ちてまして。
気になるから指でつまんで取ってみたら、それがエビでした。
見事なアメ色に変化しており、ホコリの中で
絵に描いたエビのようにキレイに丸くなっていたヤマト。
一瞬「うちにクリルってあったっけ?」と思ったくらいです。

これまで玄関水槽では飛び出し事故は皆無でしたので
正直驚きました。油断してたかなぁ。
それに干しエビを見たのも初めてです。
以前いたレッドビーも、今いる白黒ビーもそうですが、
屋外で繁栄を極めているミナミでさえも、飛び出しはしないのです。
珍しいものを見ちゃったかな。
それとも今まで運がよかっただけなのかな。

これで我が家のヤマトは全滅。やってきてから1年と1ヵ月でした。
最近急激に大きくなってはいましたが、
私はもっと巨大なヤマトを見たことがあります。
もうちょっと生きられたのでは?と思うと残念です。
でも丈夫だったわねアナタたち。ほんと。
私の心を癒してくれてありがとう。ずいぶん慰めになったわ。
(…って、それほどすさんでたわけじゃないけど)

玄関のメダカ水槽にヤマトがいなくなったことで、
ちょっと水槽の整理をしようかという気になってきました。
RG-20は、メダカのためというよりは
ヤマトのために用意したおうちだったのです。

メダカは睡蓮鉢に移して、
もう1本のRG-20にいる金魚には新たなお部屋を用意して、
RG-20は2本ともいったん畳んでしまおうかと思っています。
そして2階に移動させてグッピーを飼いたいのですが…
2階のどこに置こう?? もう使えるコンセントがない~!
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-19 23:19 | エビ

淘汰されていくメダカ

先日ベランダビオトープの植物をまた間引きました。
通常ビオトープにはフィルターをつけませんので、
水草を適度に間引いて常に成長を促進させてあげないと
水質が悪化してしまうんですよね。

黒メダカのプランターで子株をつけまくっているホテイアオイ。
ランナーを切って、古い方の株を取り出してみましたら
メダカが1匹、わさわさの根っこにからまって死んでいました。
この子がどんくさいということなのか、
ホテイアオイの根っこがそれだけスゴイ!ってことなのか。

とりあえず、ちょっぴり漁師気分でした。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-18 22:25 | ビオトープ

ベランダビオトープの全貌

メダカの稚魚を携帯で写真に撮るのは難しいです。
何とかそれらしいものが写せたのが下の写真。
稚魚用プランターです。
b0183100_22501798.jpg

わかりづらっ!

睡蓮鉢では、その後も数匹の稚魚を見つけました。
見つけ次第、稚魚用プランターに移動させています。
そのままにしておくと
大人メダカがすごい勢いで襲い掛かるのでヒヤヒヤもの。
でも稚魚は意外とすばしこく、上手に逃げる術は持っているようです。
睡蓮鉢の中で稚魚がいた場所は、マツモが浮いているエリア。
マツモの葉は細いから、カムフラージュになるんでしょうか?
b0183100_22572342.jpg

このマツモ、短いのを1本入れておいただけでワサワサになりました。
マツモって室内の水槽では間延びしたりするんですが、
屋外ではどれだけ育ってもシャキシャキしていてきれいです。

今日はベランダの全景を。
b0183100_235891.jpg

白いのが稚魚用プランターで、水量は少ないですし水位も低くしてあります。
稚魚を何匹ここへ移したんだかサッパリ覚えていないのですが
覗き込むと元気に泳ぎ回る稚魚の姿がちらほらと見えます。
みんな元気に大きく育ってくれるといいなぁ。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-15 23:13 | ビオトープ

エキノドルス・テネルス

うちではどの水槽にも二酸化炭素の添加は行っておらず、
今後も導入する予定はありません。
また、肥料や添加剤なども一切与えていません。
そのためこれまで無難な水草にしか手を出してこなかったのですが、
先日エキノドルス・テネルスを買ってしまいました。
ちょっと小難しそうな水草です。

でも好きなんです、「ただの草」っぽい水草が。
「ただの草」っぽい水草の代表(?)バリスネリア・スピラリスは
とても丈夫なので、うちでも2つの水槽に入れていて、
照明なしの玄関水槽ですら、ちゃんと育って増えてます。
でも背の低い「草」も欲しくなっちゃって。
それで、エキノドルス・テネルスです。
植えてみました。
b0183100_095123.jpg

本当はもっと間隔をあけて植えるみたいですが、
買ったのは5株ですし、順調に増やせる自信もまったくないので、
最初からある程度まとまった感じにしておいたのですが
う~ん、なんじゃこりゃ。
根っこはかなり切り詰めたつもりなのに、まだ長かったみたいで砂からはみ出てますね。
ま、いいか。
植えた直後、なぜかハステータスたちがとても喜んで、みんなで集まってきて、
テネルスのまわりを入念にチェックしておりました。

そしてその後、ひと株引っこ抜かれて水面にぷかぷか浮いてました。
次の換水時まで放置です。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-15 00:21 | 水草

オパエウラボトル

オパエウラが住んでいるボトルでも、異変がありました。
2匹いたうちの1匹が、どうやらお亡くなりになったようです。
もう何日も、姿を見せるのは1匹だけです。
極小サイズのエビ1匹って…給餌がしづらい!!

夏の風物詩?なのかどうか知りませんが
今年も雑貨屋でオパエウラ入りボトルの小売を開始したようです。
先日行った雑貨屋にも、オパが2~3匹入った小さいボトルが並んでいたのですが
他にディスプレイ用のろ過付き小型水槽が置いてあり、
中には30匹くらいのオパたちが元気に泳いでいました。
密閉されたボトルに入っている子たちよりも明らかに活きがいいです。
そう、コレ!  コレなのよ、私がやりたいのは!

実はもう水槽も底床も用意してあるんですがねぇ。
なかなかふんぎりが付かないんです。
我が家のオパはすでに1匹になっちゃってますし、
買い足すのも何となくためらいがあります。
チャームさんではオパエウラの10匹売りを始めたようなので
今がチャンスと言えばチャンスなんですが。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-14 01:30 | エビ

玄関水槽で

玄関にふたつ置いてあるRG-20。
メダカ&ヤマトが住んでいる方の水槽に、異変が!

立ち上げ以来ずっと元気だったメダカ4匹のうち1匹が死にました。
そして底面を見ると、何やら白い塊が。
死骸の一部のように見えたのですが、
死んだ1匹は水面に浮いていたのを私がちゃんと取りましたし、
他の3匹はスイスイ泳いでいます。
するってぇとコレは…ヤマト??

ヤマトを探します。
1匹は見つけましたが、もう1匹がいない~~。
最近2匹とも巨大化していたので、見つけやすいはずなのに~。
やっぱり1匹、死んじゃったんだわ。
そして相棒に食われたのね。それも途中まで。

昨年5月に我が家に来て以来、ずっと2匹仲良しだったじゃない。
5匹でやってきて、仲間3匹が相次いで亡くなっても、
サワガニ水槽→初期のメダカ水槽→ボトルアクアと
次々いろんなところに引越しさせられても、いつも一緒だったじゃない。
ケンカはおろか、エサの取り合いさえしたことがないくらい
仲良しだったじゃない。

それでも食べちゃうんだね。

エビ、おいしいもんね。
私も大好きだから、わかるよ。

せめて全部食ってやってくれ~~~。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-14 00:51 | エビ

たった1匹の稚魚

ベランダプランターで稚魚を見つけてからは
毎日じっくり観察するのが楽しくて仕方ありません。
今日も足がしびれるまで見てましたが
ふと隣の睡蓮鉢の方に目をやると…そこにも稚魚が!
ええ~~~、ここにもいたの???
まさかこの睡蓮鉢で生まれていたとは!
プランターにいる黒メダカの稚魚に比べ、明らかに色素が薄い子。
正真正銘、睡蓮鉢のヒメダカの稚魚だ!
昨年春の立ち上げ以来、初めて目にした光景です。
しかも睡蓮鉢の稚魚はたった1匹。
どんなに目を凝らして見てみても、他にはいませんでした。
きっと食べられちゃったんでしょうね。
プランターよりも水面が大きくひらけていますから
大人メダカたちに見つかりやすかったんでしょう。

メダカたちは皆、エサの時間と勘違いして私の方に寄ってくるため
稚魚に近づいてじっくり見ていると大人メダカも寄ってきて、
稚魚に気が付くと襲いかかり、食べようとしはじめます。
稚魚、ピーーーンチ!
あわてて稚魚をスプーンですくいあげ、
バコパの水上栽培用に設置してあるミニプランターにお引越しさせました。
ついでに黒メダカのプランターからも稚魚を2匹だけお連れして、
ミニプランターは臨時のメダカ保育園となりましたとさ。

また後日、写真載せます。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-08 00:01 | ビオトープ

みず

朝、新聞のテレビ欄をチェックしたときは
「もう何回も観てるし、観なくてもいいわ~」
と思っていた『千と千尋の神隠し』ですが
結局は最初から最後までしっかり観てしまいました。

人それぞれだとは思いますし、実際なんだかんだ言われていますが
私はこの映画のテーマは「水」だと思ってます。
汚れた川の神。埋め立てで無くなった川の神。
巨大な風呂屋。
雨が降れば一晩で海が出現する世界。

水っていいですね。
大好きです。
昔からとにかく水が好きでした。
雨上がりのちょっとした水たまりにも心奪われるコドモでした。
今こうしてアクアリウムを趣味としているのも、当然の成り行きでしょうか。

 行く先を 海と定めし 雫かな
 (成石平四郎 辞世)

b0183100_0564075.jpg

コリドラス・ピグマエウスと、在りし日のレッドビー
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-05 23:55