小型水槽とビオトープの話
by surlamer-aqua
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
水槽紹介
ビオトープ
メダカ
エビ
ちびコリ
その他生体
水草
器具
お買い物
未分類
以前の記事
2013年 03月
2012年 12月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
メダカと過ごす一日
ガミガミおかぁの独り言
海の底と陸の上のみずたまり
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ビオトープ( 17 )

白メダカ

今日は睡蓮鉢のお手入れをしました。
取っても取っても増えてしまうトロロこんぶを念入りに掃除し、
水を足して少しオーバーフローさせ、
鉢のまわりにも水を流して、落ちる汚れは落としました。

そして本日お迎えしたのが、12匹の白メダカ。
b0183100_23491956.jpg

白メダカが我が家に来るのは、すんごーーーーく久しぶり。
アクアを始めた頃に室内の水槽で飼って以来じゃないかな。
やっぱりデカいですねぇ、白は!!
この白メダカはチャームさんで12匹500円のセール個体ですが、
測ったように大きさが同じで、どの子も非常に状態が良く元気です。
チャームさんのメダカって、ヘロヘロのが来ることもあるけど
今回のは大当たりでした。

睡蓮鉢の全景。
b0183100_23542934.jpg

アサザがすっかり元気をなくしてしまっています。
頑張って浮き葉を伸ばしても、大繁殖中のミナミに根元から抜かれてしまったり、
葉の裏からスネールに食べられたり。
セットから数年経ってますし、肥料不足なんでしょうね。
フローラプライドでも添加しようかな。
底床肥料でないとダメかしら??
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-07-02 23:59 | ビオトープ

シーズンに向けて

日曜日の陽射しと気温は、春到来!な感じでしたね。
そうなると考えざるをえないことがあります。

今年のビオは、どうすんの??

どうしましょう。
ベランダの睡蓮鉢&プランターは、現在ボロボロ状態です。
特に、セットからもうすぐ3年が経過する睡蓮鉢の状態が酷いです。
ふちにはカルシウムの塊のようなものが付着しまくってますし、
ビオソイルはただの泥と化してますし、
トロロ状の藻がワンサカとはびこっています。

睡蓮鉢もプランターも、住人のメダカちゃんたちが元気なので、
下手にリセットするのもどうなのか?という気がします。
どうすべきなのか。
うーーーん、わかりませ~~~~ん。

ただひとつ、わかっていること。
それは、
「私は水生植物の管理がヘタっぴ」ということ。
導入したそのシーズンのみキレイに維持できますが、
それだけなんですよね。
水生植物は丈夫なので、株分けやトリミングなどに心を砕けば
何年も良い状態に保つことが可能だと思うんです。
でも私にはそれができません。
今後できるようになる自信もありません。第一ヒマがありません。

そこで。
とにかく今シーズンは、睡蓮鉢もプランターもリセットしちゃおうと思います。
そして、できるだけ管理が楽な状態に仕上げようかと。
具体的に言えば、根の張る植物を使わないとか、
メダカたちの住居を簡素にして、
見て楽しむ植物は専用の小さいプランターで管理するとか。

うん、それがいい。
ベランダビオをやめてしまうことは、絶対したくないんです。
ビオはとても楽しいから。

リセット時期は、GWあたりですかね。
リセットにあたり、難問がひとつあります。
睡蓮鉢にいるミナミヌマエビの回収をどうするか、です。
現在、サイズの大きい固体は見当たりませんが
何匹いるのか、全然わかりません。
間違ってソイルと一緒に捨てちゃいそうで怖いです。
[PR]
by surlamer-aqua | 2010-03-15 00:56 | ビオトープ

あずきミュージアムの謎の水草

台風が来るということで、それなりに準備はしていましたが、
大阪には台風は来ません(断言?)。
今回も台風の被害は何もなく、
長雨の後、夜中に強い風がビュービュー吹いたくらいで去っていきました。
ベランダのメダカたちは元気いっぱいです。
稚魚たちも、ずいぶん大きく育ちましたよ~。

先月のシルバーウィーク中、
姫路にある「あずきミュージアム」というところに
家族で出かけました。
美しく手入れされた植栽が見事で、人工の小川なんかもあるんです。
小川のせせらぎの音を聞きながらほおばる「御座候」は格別ですね~。
b0183100_2385621.jpg
b0183100_2393581.jpg

真上の写真中央に写っている水草。
コレ、何でしょうね?
すごくキレイです。
b0183100_23123511.jpg

やたらと気になって、写真いっぱい撮っちゃいました。
そばまで行って観察したかったのですが、
柵などがあって降りられない場所だったのが残念でした。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-10-10 23:14 | ビオトープ

稚魚がいっぱい

ベランダのメダカ。
成魚は現在、2匹しかいません。
今年のリニューアル時に確か18匹導入したはずが…。

数が減った3大要因は
・恐怖の早死に睡蓮鉢
   -入れても入れてもメダカが早死にするが、なぜかエビは大繁殖
・ホテイアオイ
   -異常に成長する根にメダカがからまって死ぬ
・とろろこんぶ状の藻
   -ホテイアオイと同じく、からまって死ぬ
だと思います。

ホテイアオイは撤去しましたし、
とろろこんぶは今、2日に一度は丁寧に取り除いています。
ただ早死に睡蓮鉢の件はねぇ。う~ん。
なぜここに入れると早死にするのか、原因がわかりません。
今入っている成魚2匹はプランターから移動させた子で、
とりあえず動きもエサ食いも良好で、よく太って元気です。

で、その成魚2匹はオスメスなんですが、かなり相性が良いようで
プランター住まいの間にタマゴを大量に産んでくれました。
採卵は一切していません。
最初に孵った稚魚が確認できたその日に、2匹を睡蓮鉢に移動させ、
プランターはそのままにしておいたところ、
稚魚が続々と誕生しました。
まだみんな針子の状態ですが、元気に泳いでいますよ~。かわいい!

6月初旬に生まれて順調に育っている稚魚2匹は、
体が大きくキツイ性格の子は睡蓮鉢へ引越しさせて、
成魚2匹と毎日互角にわたりあって元気に暮らしています。
おとなしい方の子は、そのまま白いプランターに居残って
のほほ~んとしております。
かなりニブチンです。

いや~ほんと、今年はメダカが楽しいなぁ~。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-08-15 01:04 | ビオトープ

チャンス再来

ウォーターバコパの花を写真に撮りそびれてから数日後。
またつぼみを見つけました。
今度はふたつです。
咲くのを待って、無事に撮影成功~! やっほ~!
b0183100_22521533.jpg

こんな感じで両サイドに咲きました。
本当は、たくさん植えてたくさん花を咲かすのが理想なんですが
まぁしょうがないかな。
このプランターには現在メダカの稚魚がいるので
あんまりいじくれないのです。
b0183100_22535877.jpg

アップも撮ってみました。
ピントがボケボケ。
もうちょっと腕を磨きます。

ところで、何かと面白い水生植物ですが
このウォーターバコパの花のつき方も面白いです。
前に写真を撮れなかった花は、
今回の写真の花のように草体のてっぺんに咲いていたのですが
その花が枯れたあと、枯れた花がらを押しのけて新たに茎と葉が伸びて
何事もなかったかのように元通りの一本まっすぐな形になり、
またてっぺんにつぼみを作って花を咲かせたのです。
こういう花の咲かせ方をする植物って、
あまり花に詳しくない私には他に思い当たりません。
例えば、同じように一本の草体のてっぺんに花をさかせるヒマワリで
バコパと同じようなことが起きたら面白いなぁ~。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-07-24 23:01 | ビオトープ

念願の

先週、ベランダプランターに植えてあるウォーターバコパが
可愛いお花をひとつだけ咲かせたのですが…
写真撮りそびれました!!

かねてからの念願だったのに、いざ撮ろうと思ったら
もうしおれてしまっていたのでした。
仕事憎し!!
(仕事の日でなければ、観察も撮影もジックリできたのに~)

青みの強い紫色で、小さな可愛いお花でした。
いろんなサイトで写真で見たものよりも、
自分の目で見たものはキレイでした。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-07-19 22:25 | ビオトープ

ナガバオモダカの花

実は私、こんな年齢(1971年生まれです)になっても
恥ずかしながらゲーマーなのですが
最近ニンテンドーDS『トモダチコレクション』を買いまして
夜はずっと、必死になってやっておりました。
おかげでブログはほったらかし~。
見に来てくださっていた方、申し訳ありません!
久々の更新です。
b0183100_22113923.jpg

ナガバオモダカに花が咲きましたよ~。
購入する際、わざと花のついていない小さめの株を選んだので
いつ咲くかいつ咲くかとワクワクしてましたが、
その日は突然やってきたのです。
花芯?穂?が出ているのにもまったく気づいてませんでした。

しかしこれ、長い穂の下から順番に咲いていくので
一番上の花がきれいに開く頃には、下のほうはもう
みすぼらし~くなっているのです。
いっぺんに咲いてくれやっ!
b0183100_22145343.jpg

ホテイアオイやアサザの花と違い、観賞期間は長めだと思います。
純白で可憐なのに、存在感もちゃんとあるお花です。

メダカの稚魚は、2匹だけ順調に育っています。
ヒメダカと黒メダカ両方の稚魚を何匹かプランターに引越しさせたのに、
生き残っていた2匹はどちらも黒メダカでした。
b0183100_22173185.jpg

1匹うつっているの、見えますでしょうか?
今1センチくらいかな? 2匹ともとても元気ですよ。
2匹しかいないため、常にケンカをしています。
優劣も非常にハッキリしています。
これから体格の差も出てきそうで、ちょっと心配です。
エサは稚魚用を特別に用意したりはしてません。
デザート用のプラスプーンで親にエサを与えた後、
スプーンに残ったカス(!)を稚魚プランターにぺっぺと落としています。
稚魚のクチにちょうどよいサイズのエサをあげられるんですよ~。
これは今シーズン最大の発見でした。
(ただ不精なだけですが)
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-07-07 22:22 | ビオトープ

ナガバオモダカ

夕暮れのベランダビオ。
今日はナガバオモダカを撮ってみました。
b0183100_19253228.jpg

これは杜若園芸さんから
『メダカが喜ぶ水草』という商品名で販売されているもの。
ホームセンターのチラシに出ているのを見つけて、
これを買うためだけに出かけて行って入手したものです。
丈夫なポットに植えてあるので、
そのままポンとプランターに置くだけ。手軽です。
毎日おひさまを浴びて、元気に育っています。

で、これ、増えてるんです。
b0183100_19295886.jpg

植えてすぐ、元々の株の奥に子株ができて
もうけっこうな大きさに育っているんですが、
最近ポットの隅にもふたつ子株が出ました。
虫が付くこともありませんし、
ごくたまに傷んだ葉を根元からカットしてあげるだけで
キレイな状態を保つことが出来ます。
ビオ植物の中では管理がラクな方に入ると思います。
越冬時は地上葉を枯らすらしいので、それもまた楽しみ。
春にまた葉を出すのかどうか、ドキドキしそうですね~。
ま、夏にこんなこと考えても現実味ないですが。

最後に、ウォーターバコパ。
室内水槽で元気をなくしていたところを救出して、屋外に植えました。
b0183100_19422029.jpg

この2本は水中葉を枯らすことなく、
水面から伸ばす分だけを水上葉にして、この環境に適応しました。
なので、見た目にも自然で、キレイです。
同じプランターに、あと2本ウォーターバコパを植えてあるんですが、
それは上記の2本をカットした下の部分。
すでに水中で成長が止まった部分を
いきなり屋外に植えて「育ちなさい!」とけしかけたわけなので、
一度水中葉のほとんどを枯らせてから、水上葉を出し始めました。
枯れて半ば腐りかけた水中葉を残したままで、
水上に適応した脇芽を出しています。
写真撮るの忘れちゃったので説明がしづらいんですが、
水草って面白ーーーい!!
と思わずにはいられない光景となっています。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-20 19:52 | ビオトープ

淘汰されていくメダカ

先日ベランダビオトープの植物をまた間引きました。
通常ビオトープにはフィルターをつけませんので、
水草を適度に間引いて常に成長を促進させてあげないと
水質が悪化してしまうんですよね。

黒メダカのプランターで子株をつけまくっているホテイアオイ。
ランナーを切って、古い方の株を取り出してみましたら
メダカが1匹、わさわさの根っこにからまって死んでいました。
この子がどんくさいということなのか、
ホテイアオイの根っこがそれだけスゴイ!ってことなのか。

とりあえず、ちょっぴり漁師気分でした。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-18 22:25 | ビオトープ

ベランダビオトープの全貌

メダカの稚魚を携帯で写真に撮るのは難しいです。
何とかそれらしいものが写せたのが下の写真。
稚魚用プランターです。
b0183100_22501798.jpg

わかりづらっ!

睡蓮鉢では、その後も数匹の稚魚を見つけました。
見つけ次第、稚魚用プランターに移動させています。
そのままにしておくと
大人メダカがすごい勢いで襲い掛かるのでヒヤヒヤもの。
でも稚魚は意外とすばしこく、上手に逃げる術は持っているようです。
睡蓮鉢の中で稚魚がいた場所は、マツモが浮いているエリア。
マツモの葉は細いから、カムフラージュになるんでしょうか?
b0183100_22572342.jpg

このマツモ、短いのを1本入れておいただけでワサワサになりました。
マツモって室内の水槽では間延びしたりするんですが、
屋外ではどれだけ育ってもシャキシャキしていてきれいです。

今日はベランダの全景を。
b0183100_235891.jpg

白いのが稚魚用プランターで、水量は少ないですし水位も低くしてあります。
稚魚を何匹ここへ移したんだかサッパリ覚えていないのですが
覗き込むと元気に泳ぎ回る稚魚の姿がちらほらと見えます。
みんな元気に大きく育ってくれるといいなぁ。
[PR]
by surlamer-aqua | 2009-06-15 23:13 | ビオトープ